ジーンズに関する情報サイト

当サイトでは、夏のバイクツーリングでの着こなしを紹介します。
いかにもガチガチの画一的な装いは頂けません。お洒落に着こなすには、普段用いているタウン用の装いを取り入れるのも良いでしょう。カジュアルさが足されるだけで、こ慣れ感やスタイリッシュな着こなしに成ります。特に、ジーンズを用いラフな感じでお洒落であり、スタイリッシュに成ります。ボトムスをジーパンにすれば上着に関しては何でも組み合わせが可能です。

着こなしのコツを解説

着こなしのコツを解説 バイクをおしゃれに、こなれ感を出すためには、ボトムスをジーパンにするとよいです。
ジーパンであれば生地も丈夫であり、ツーリングの際の摩耗にも耐え体を守ってくれます。最近はケミカルウォッシュのジーンズが再び流行しており、ケミカルウォッシュの色褪せ感が涼しげで夏にも最適なジーンズスタイルとなります。トップスは白いシャツや半袖Tシャツを組み合わせるとよいです。風や飛来物から身を守るために薄手のジャンパーやスカジャンのほか、ワイシャツをジャケット代わりに羽織ってもよいでしょう。Tシャツの上にコーディネートすれば、姥久手地についたときに上に羽織っていたシャツやジャンパーを脱いで涼しく過ごすこともできます。バイクではおしゃれとともに体温調整や飛来物から身を守ることも考慮してコーディネートするとよいです。

春夏秋冬のバイクツーリングではジーンズを着よう

春夏秋冬のバイクツーリングではジーンズを着よう 世の中には様々な趣味や娯楽があります。
こうした趣味や娯楽は現実を忘れさせてくれ、明日への活力になります。
なかでもツーリングは気軽に非日常の空間に富んでいくことができ、ストレス発散に最適な良い趣味といえるでしょう。
スキーやマリンスポーツと違ってシーズン問わず、春夏秋冬一年中楽しめるのも魅力です。バイクはそれにまたがって、風を切って突き進んでいきます。しかし人間が露わな状態でまたがるので、身の危険があるのも事実です。車の接触事故、転倒もよくみられるので、装いやファッションに気を付けなければいけません。バイクを趣味とする人はボトムスなどにも気を配る必要があります。転倒で真っ先に打撲や擦過傷になりやすいので、ボトムスは頑丈な生地のアイテムを選ぶべきです。それにはジーンズ地といって織が頑丈で、破れにくいジーパンを選択するとよいでしょう。膝部分にアップリケなどでさらに膝をプロテクトしているジーパンもあります。またジーパンのほかに皮革素材のパンツも最適です。皮革素材は肌なじみもよく、耐久性にも優れています。長年履き続けることも可能であり、破れにくいのでコストパフォーマンスもよいといえるのです。またトップスもライダースジャケットを組み合わせるとお洒落です。

バイク用ジーンズは販売店やレプリカブランド店で購入

バイクは排気量あたりのパワーに優れており、車重が軽いことから加速性能は車以上のポテンシャルを持っております。
中型免許で乗れる400ccモデルでも、マルチエンジンならばスポーツカー並みの運動性能を持っているのです。さらに排気量を上げてゆくとパワーも右肩上がりになり、公道ではとてもトップギアまで使えません。危険なためにパワー制御のリミッターが付けられているモデルが多くあります。 バイクに似合うパンツと言えば異口同音でジーンズの名前が呼ばれ、とくにアメリカンタイプのモデルに乗車する人は4人中3人はジーンズを着用してライディングしているのが特徴です。
購入するのはデニムショップなどの販売店が大半ですが、古着屋やレプリカウェアのブランドショップでライダースジャケットやブーツとお揃いで一式購入する人も少なくありません。アメリカンベーシックウェアが一番輝いていた時代のウェアの復刻が、古いビンテージバイクには似合うからです。

バイクツーリングにジーンズは有りか無しか

バイクに乗る時には転倒時に体を守り動きやすく、防風性能に優れたウェアが望ましいです。風によって体感温度は下がります。60キロで走ると季節や晴れや曇りなどの天気の状況でも変化がありますが、約10度体感温度が下がると言われており棒性能は必須条件になるのです。
ジーンズは頑丈ですが防風性能には乏しいので、暖かい季節以外はレザーチャップスやオーバーパンツを併用した方がいいかもしれません。下半身を冷やすと血流に悪影響があり、体調を崩す原因になってしまいます。とくにバイクツーリングは長い時間を走行しますので、ジーンズを着用するのならば防風対策や保温を考える必要は必須です。
冬でも近場を乗る場合や太陽光がある日中の近距離ならば、ジャケットを着用するぐらいでも構いません。しかし一日中バイクに乗るツーリングでは、気温差が激しいので体温調節のためのウェアを選ぶことが重要になるのです。また雨に降られることを考えてレインウェアを用意しておくことも忘れてはいけません。

バイクジーンズの値段のパターンについて考察

バイクは50ccから2000ccまで様々なモデルがあります。中にはアメ車のエンジンを搭載した5000cc以上のモデルも販売されており、スピードも最大で300キロオーバーを実現するケースもあるのです。だからバイクに乗る時には装備を固めなければなりません。それはレース場でも公道でも同じことで、不運と踊ってしまうことがないように気を付けることがライダーの宿命なのです。
足元は鉄板やセーフティー仕様が搭載されたブーツを選び、14オンスのジーンズを着用します。レザージャケットは雨を逃す役割のあるレザーのフリンジジャケットは外せません。防寒と排気ガス対策に首元はバンダナで正装するのです。手は柔らかいディアスキングローブがおすすめです。
ジーンズはオーセンティックなブランドならば1万円前後のモデル、レプリカデニムならば3万円前後の値段になります。さらにケブラーモデルやパッド入りモデル、レザーで補強された物まで種々様々です。安全第一でありクールなウェアを選ぶことが鉄の馬に乗る心構えになります。

男女兼用のジーンズをバイクで着用するケース

ジーンズはデニムパンツとも呼ばれており、細いスキニータイプから太いバギータイプまで幅広く存在しております。現在はオーバーオールやサロペットと呼ばれるタイプや、オールインワンと呼ばれるつなぎまで人気です。労働用ワークウェアファッションの中でこれらのアイテムは中核をなしており、頑丈で動きやすく何よりも抜群の雰囲気を持ったデイリーウェアになります。
バイク用にジーンズを着用するのは定番であり、オーセンティックなストレートタイプから、裾がフレアしたブーツカットタイプまで人気があるのです。近年はスリムをより補足したスキニータイプを着用する人も少なくありません。
バイクに乗る時は男女兼用で使える、労働用ワークパンツタイプのペインターパンツを着用する人もおります。やや薄手のオンスで柔らかく、よりワークウェアの雰囲気があるスタイルが人気です。オーバーオールの上部分を切ったようなデザインで、種類モデルにより小物用サイドポケットや金槌ハンマーループなど、塗装工ペインターや大工ビルダーが着用する仕様になっております。

バイクで着用するジーンズの種類とスペック

オーセンティックなジーンズは13オンスから14オンス程度の厚みをしており、十分に丈夫でワークウェアになるほどです。バイク用ならばさらに分厚く16オンスや、モデルにより20オンスを超える場合すらあります。アラミド繊維ケブラー素材を混ぜて、引き裂き強度を上昇させている特殊なモデルもあるのです。
5ポケットタイプではなくモトクロスタイプの種類のジーンズもあり、ダイヤモンドステッチを施し薄いパッドを入れて耐衝撃能力を高めてバイクに最適な仕様にしてあるモデルもあります。クライミングパンツのように股や膝裏にガゼットを付けて、動きやすく運動性を上昇させてある場合だってあるのです。
機能だけならばもっと優れたパンツもありますが、デニム生地の魅力は深いブルーと着用により色落ちがするところにあります。自分の体の形に癖が付いて手放せない一本になり、穴が開いたらリペアしながら着用出来る魅力があるのです。バイクもデニムも趣味性の高い品物であり、気に入ったい相棒を手に入れると生涯に渡る愛用品になります。

ジーンズでバイクに乗ろう

バイクはジーンズで

新着情報

◎2023/2/3

情報を追加しました。


>バイク用ジーンズは販売店やレプリカブランド店で購入
>バイクツーリングにジーンズは有りか無しか
>バイクジーンズの値段のパターンについて考察
>男女兼用のジーンズをバイクで着用するケース
>バイクで着用するジーンズの種類とスペック

◎2021/8/31

ジーンズの裾上げのコツ
の情報を更新しました。

◎2021/5/30

サイト公開しました

1バイクに乗り始めたばかりの頃、ジーンズにロングブーツだったので、裾を纏めるために父親がその昔山登りに使っていた母親手作りのゲートルを使っていました!

Snow cone chilly, get it free like Willy  冷たいアイスが今ならタダだよ In the jeans like Billie,  ビリーのようにジーンズを履いて You be poppin’ like a wheelie  バイクを飛ばしてきて

Snow cone chilly, get it free like Willy  冷たいアイスが今ならタダだよ In the jeans like Billie,  ビリーのようにジーンズを履いて You be poppin’ like a wheelie  バイクを飛ばしてきて

-->